多文化学習活動センター(CEMLA)

学習支援教室・教育相談・情報提供を3つの柱として活動しています。
学習支援教室・教育相談・情報提供を3つの柱として、県立相模原弥栄高校を窓口として他県立高校9校及び相模女子大学とME-netとの協働で毎週土曜日に相模女子大学の構内で活動しています。
CEMLAとは

CEMLAとは、Center for Multicultural Learning & Activitiesの略で、多文化学習活動センターという意味です。

CEMLAでは学習教室・教育相談・情報提供ができるよう、高校・大学・NPO等が協働し「多文化共生の学習支援拠点」づくりをしています。2010年度からの9年間は文化庁「生活者としての外国人」のための日本語教育事業の委託により実施していましたが、2019年度からは神奈川県教育委員会と10校の県立高校とME-netが運営協議会を作って運営しています。

10校の県立高校:相模原弥栄高校、相模向陽館高校、橋本高校、座間総合高校、大和南高校、愛川高校、伊勢原高校、厚木清南高校(定時制)、神奈川総合産業高校(定時制)、横浜修悠館高校

CEMLAスクールについて
学習支援教室 CEMLAスクール

対象生徒:中学生〜高校生(初めて希望する方は予約が必要です。詳細は以下のチラシURLをご覧ください。)
日 時:毎週土曜日 10:00〜12:00
場 所:相模女子大学 茜館
※現在、新型コロナウイルス対策によりオンライン授業にて実施しております。
相模女子大学でのCEMLA教室の再開は9月以降になる予定です。

ここでは日本語教育指導者や相模女子大学をはじめとする様々な大学の学生たちがボランティアとして参加しています。
「高校のことをよく知りたい!」「日本語を勉強したい!」「進路の相談がしたい!」など様々な悩みを相談していただいて構いません。ぜひ一度教室を見に来てください!
CEMLAの様子はフェイスブックで見ることができます。ぜひ、こちらもご覧ください。

CONTACT
TEL & FAX : 045-896-0015(電話対応:月・水・金 10:00〜17:00)